水戸・鹿嶋を結ぶ「大洗鹿島線」と貨物輸送を行う「鹿島臨港線」を運営する鹿島臨海鉄道株式会社

 

また皆さまの喜ぶ顔が見たくて企画いたします!

ガルパンラッピング車両の1号車が引退してもうすぐ1年が経とうとしています。
多くの皆様にご利用いただき、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

あの車両は私たちにとっても、とても思い出深い車両なんです。ちょっと思い出話しを聞いてください。

2011年末、震災の影響がまだ色濃く残る時期、大洗まいわい市場の代表が弊社を訪ねてきました。
「大洗が舞台になる少女と戦車のアニメ制作のお手伝いをしている。大洗鹿島線の車両もアニメで登場させたい。協力してもらえないか」・・・と。

今だから申し上げますが、正直1回聞いただけで飲み込める話しではありませんでした(笑)。でもまいわいの 代表は何回も説明に来てくださり、そのうち皆様もご存知のバンダイビジュアル杉山プロデューサーも足を 運んでくださり、私たちも徐々にまだ見ぬ「ガールズ&パンツァー」というコンテンツに引き込まれていきました。

そして、2012年の夏も終わろうとしていた頃、まいわい代表と、杉山様からご提案がありました。
「車両にラッピングを施し、11月のあんこう祭にお披露目させたい。お客様が来るかどうかはわからない。でも来ていただいた方に喜んでもらいたい。ご理解いただけるなら無償で車両を提供していただけないか」と。

まだ実際には見たことがないアニメ。でも震災後、閉塞感が漂う中で、この二人の楽しい企画には私たちも胸が躍りました。

ところが、実施段階になってわかったのが、車両とラッピングの素材はそろったけれど、「貼る人がいない!」

でも、みんなで貼れば何とかなる!とお二人はボランティアさんをどこからか集め(笑)、本当にみんなで貼りだしてしまいました。その時の様子がこちらです。

            

実際には、途中からラッピングフィルムを作製してくださったフィールデザインさんが駆けつけてくれて、何とかあんこう祭に間に合ったんですけれど(笑)

そして、2012年11月あんこう祭当日の朝・・・

お披露目式には長蛇の列が並び、私たちはその光景に目を白黒させながら、つたない対応をさせていただいたことが昨日のことのように思い出されます。(その節はご迷惑をおかけしました)
そして渕上さんに、最後の一枚を貼っていただきおかげさまでガルパンラッピング車両1号車は完成したのです。

            

完成してから約4年間、ガルパンラッピング車両1号車は時に2号車、3号車と連結しながら、沢山の皆様にご乗車いただきました。

そして昨年8月、1号車は車両の検査及び全塗装に伴い、多くのファンの皆様に見送られながら、その役目を終えました。

            

1号車がいなくなってから、ファンの皆様からは多くの復活希望のお声を頂戴いたしました。
私たちも「見て、乗って、喜んでいただける車両をまた走らせたい」という気持ちがどんどん膨らみ、ガルパンと弊社の架け橋をしてくださった大洗まいわい市場の代表にもご相談させていただきながら、新たなガルパンラッピング車両制作プロジェクトについて企画検討を重ねてまいりました。

そして・・・・・。

次のお知らせではその企画をお届けします。
その新プロジェクト名は

「多くのファンの皆様とともに ~新ラッピング列車【4号車】制作~」

詳細は今週末までにお知らせできる予定です。
また、皆さんとともに楽しい思い出を作りたいと願っています。

 
この記事をシェア

鹿島臨海鉄道株式会社
〒311-1307 茨城県東茨城郡大洗町桜道301
TEL:029-267-5200(代)FAX:029-267-7363

Copyright © 2017 鹿島臨海鉄道株式会社 All Rights Reserved.